HOME
営業案内ショッピングトレッキングキャンプPAL倶楽部スタッフ通信今風独り言犬!集まれリンクメールサイトマップ
ショッピング スタッフ通信 メイルメイト
TREKKING −トレッキング トレッキング山登りコラムスケジュールレポート|山情報|
山情報
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
リンク
最近の山情報
コメント
カテゴリ
ページ内検索
OTHERS
福見山・明神ヶ森
松山市の最高峰ー明神ヶ森(1217m)に登りました。 登山口は市の指定天然記念物”アカガシ”への散策路入りました。
下山口を、三本杉として、たっぷりと楽しむルートです。

登山口

アカガシ手前の人家

アカガシ

そこから、ルートを離れて、稜線上でコンパスの練習

あまり歩かれていない稜線を抜けて、三本杉からの登山道に出会う−気持ちの良い冬枯れの道

福見寺に到着

福見山に急坂を登る−高縄山方面が木々のあいだより見える

福見山山頂

明神ヶ森に向かって、下り

登り

途中で昼食後 山頂間近の景色ー北側には雪が残っています。気温も低くて、足下はカチカチ

方向を変えると

山頂−展望は悪いが、しまなみ海道、東三方方面は見えます

山頂での記念写真

来た道へ折り返し、 途中から林道に下りる

途中の展望の良いところで、皿ヶ峰連峰を見る

こんな風景です

明神ヶ森を振り返る

林道分岐から、福見寺へ向かう

福見寺から、落ち葉で埋まった登山道を一気に下る(石が隠れていて、歩きにくい道でした)

三本杉を見物ー愛媛県内ではもっとも大きい

温泉は、奥道後温泉 今年最後の山行となりました。

ちょっと欲ばって、寄り道を入れましたが、予定とうり終わりました。”ホ!”

また来年もどうぞよろしくお願いします。
2011.12.20 Tuesday | PAL MOUNT | comments(0) | by リュウちゃん
手箱山→筒上山 (周回コース)

 名野川登山口から周回コースで、登りました。

手箱の荒れた北尾根から登り、氷室跡で大瀧登山口からの道に合流して、手箱に向かい、手箱越→筒上山→土小屋への登山道分岐→名野川登山口のぐるっと一周のコース。

名野川登山口で準備運動


北尾根に向かいますが、橋も使えず、結構いやらしい渡渉3回


登山道も傷んでいます。(実質は、廃道?)


高度を上げるに従い、展望も開けて、瓶ヶ森方面が見えます。


冬枯れ


ヒノキの大木
でも、居候がいるようです。


どんどんと登ります。気温が高くて暑い。


北尾根です

氷室番所跡ー昼食

手箱山の南面です

登りますー奇石があります



 笹原


もうすぐ山頂


手箱山


もうすぐ手箱越


筒上山へ登ります


鎖場です。


鎖場の登りー手をいっぱい伸ばして。それにしても長〜い手ですね。


山頂近く


山頂です


下りますが、笹が結構茂っています


分岐です


名野川へ下ります


筒上の滝


まだまだ


手箱山が見えます。まだ日が当たっています


こちらは、まだ橋が使えます。


でも、後何年使ええるかな?


登山口到着です。お疲れさまでした。ひとり異常に疲れた人が写っています。


温泉は、木の香温泉です。

ロングコースお疲れ様でした。
良いコースですね。
人数が多いので、ヘッドライト着用を覚悟していましたが、足並みが揃いばっちり予定の時間内での到着。ありがとうございました。
それにしても皆さん健脚ですね。
でも、ヘッドランプを使っての下山が出来なくて残念(ヘッドライトを使った登山を体験して頂きたかった。)

2011.11.14 Monday | PAL MOUNT | comments(3) | by リュウちゃん
四国分水嶺踏破Part3-青滝山
 ”四国の分水嶺を踏破しよう”

第3回です。黒森峠→割石東山→海上峠→青滝山→相名峠→堂ヶ森登山道分岐→梅ヶ市

分水嶺踏破、今回も”雨”
分水嶺だから、山の神様が水の流れをしっかりと見届けるようにと、今回も雨をお恵みくださいました。本当にありがとうございます。

黒森峠からスタート


防火帯入り口に整列


防火帯を登ります


割石東山です


この辺りはまだ気持ちの良い縦走路です。


紅葉も終わり


アップダウンを繰り返しますが、大したことはありません。

気持ちの良い広場


紅葉も少ないが、感激!


青滝山への登り


途中から、梅ヶ市の集落が見えます。また、面河ダムの湖水も。


青滝山山頂


山頂で、昼食を考えたが、雨脚も強くなり、相名峠方面に下り、ブルーシートを張りその下で昼食


相名峠に下ります

相名峠


ここから、堂ヶ森へ向かい、梅ヶ市からの登山道まで進む


登山道に出て、記念写真
次回は、ここから分水嶺踏破のスタートです。


途中から、青滝山が見える


梅ヶ市に向かって下る


またまた、雨の踏破となりました。
皆様お疲れ様でした。でも、このコース展望がよくありません。
展望に関しては、雨であろうが無かろうが、あまりがっかりしなくとも良いかと思います。

温泉は、さくらの湯です。
2011.10.30 Sunday | PAL MOUNT | comments(0) | by リュウちゃん
剣山系 縦走 最終章 (〜剣山・見ノ越)

 6回に分割して日帰りにて実施しました”剣山縦走”終了しました。

この山系への主な登山口も登り下りして、完登されたかたは、剣山系の達人となられたでしょう。

天気が悪い時もあり、展望が悪い時もありました。でも、終了して”ほ”としています。

体操をして


コースの説明


今回、6回に分割して実施して、すべて参加された方には、ささやかながら記念品をお送りました。


全員集合して、奥2重かずら橋から出発

かずら橋は今月末で通行を終了して、架け替えあり
こわごわ渡る


渓谷沿いを渡る


国体橋です

急な坂も、さわやかな空気で快調


もうすぐ稜線


稜線です。(前回下降したところ)記念写真


丸石避難小屋



大展望です


丸石での記念写真


次郎ギュウ


登りー背景は三嶺方面ー来た道


次郎ギュウと斜面の紅葉


最後の登り


次郎ギュウ山頂


剣山への登りー後ろは次郎ギュウ


剣山山頂



西島駅付近の紅葉



お疲れ様でした。終了しました。

スタートは、2010年の10月24日から

http://yama.palfield.com/?eid=1174447

からです。1年かかりました。

近いうちに再度整理してみます。

温泉は、ラフォーレつるぎ

2011.10.16 Sunday | PAL MOUNT | comments(2) | by リュウちゃん
南アルプスー赤石岳・荒川三山の山旅 その3
3日目

赤石岳→荒川三山→千枚岳→千枚小屋

長い一日になります。

山頂小屋(赤石避難小屋)で、日の出を待つ。天気は回復したが、風は強くて寒い。
  −−山頂小屋は、富士山を除けば、標高が最も高いところにある。

富士山が見事




朝焼け



前赤石



富士山



小屋の前で記念写真



聖岳へ向かう分岐からの小屋



二回目の赤石岳での記念写真



荒川岳方面



まだまだ風が強くて、寒い。霜柱も5cmくらいある。

北アルプス方面



ウラシマツツジ越しの富士山



槍、穂高方面



荒川三山



荒川小屋



荒川小屋で
朝食ーうどんです。管理人さんは松山出身。



赤石方面をふり返る



お花畑ー真夏ならば



青い空、白い岩、緑のはいまつ、クサモミジ



荒川前岳



荒川中岳



南アルプス北部の山ー塩見、仙丈、甲斐駒、北岳ーーーー



荒川東岳(悪沢岳)と富士山



もう少しで今回の最高地点



荒川東岳(悪沢岳)



千枚に下る途中からふり返る



丸山手前からの、荒川東岳方面



千枚岳手前からの荒川東岳方面



千枚岳



もうすぐ千枚小屋



新しい小屋が建っています。
来年は、快適な山小屋になるでしょう。
2011.10.10 Monday | PAL MOUNT | comments(0) | by リュウちゃん
南アルプスー赤石岳・荒川三山の山旅 その2
二日目

前日の晴天が、夜半から雨音。

起きると、ガスの中。カッパを着て出発。



富士見平もガスで、富士山も当然見えない。



だんだんと道は険しくなる



岩場のへつりもあり。(へつりが最も怖かったそうです)



赤石が地下付づきザレ場の急登を登る



クサモミジ1(ウラシマツツジ)



クサモミジ2(イワベンケイ)



稜線の分岐に到着
凄い風で、赤石岳に向かうには、追い風でまだ助かる。



赤石岳山頂に到着



這々の体で、赤石避難小屋に逃げ込む。−強風で、歩行が困難。

小屋の営業の最終日(翌日が小屋閉め)
今日の予定の荒川小屋まで、2時間。でも、この風では、向かい風となり、もっと時間がかかる。
翌日は、天気が回復する予報なので。
ここに泊めて貰うことにした。

濡れた、雨具を乾かしながら、昼食。
管理人さんと歓談



その後、管理人さんが、ハーモニカの歌声喫茶開店。

このblogはYouTubeは作れないので、別途貼り付けします。
動画で見てください。
↓↓↓↓
http://www.youtube.com/watch?v=nFnzGSLRk28

http://www.youtube.com/watch?v=L6uiXUSbHAs

夕食後、記念写真
本当に、助かりました。また、楽しい時間を過ごすことが出来有り難うございました。





2011.10.08 Saturday | PAL MOUNT | comments(0) | by リュウちゃん
南アルプスー赤石岳・荒川三山の山旅 その1
9月28日の夜松山出発。 畑薙第1ダムの夏期臨時駐車場に到着し、準備後 東海フォレストのマイクロバスに乗る。 8時発、2便出る。釣り屋さんも結構いた。

赤石ダム湖です。コバルトブルー

サワラ島到着

赤石小屋に向かってひたすら登る。(こちら方面は我々以外誰もいない)

標識の有るところで休憩

千枚岳方面


富士山がちらっと見えます (角が有ります)

気持ちの良い林 (でも、南アルプスは森林限界の標高が高い)

名残のお花畑(?)でパチリ

赤石小屋到着

綺麗な赤石小屋 (冬支度のためか、外装の化粧し直し)

赤石岳 (天気が夕方まで崩れない)

荒川三山

夕日に映える、聖岳&今年の干支の山”兎岳”

暗くなってから、三角点までヘッドライトを点けて行き、富士山のシルエットを見る。

この夜の、宿泊者は、我々6名と残り3名計9名。
2011.10.04 Tuesday | PAL MOUNT | comments(0) | by リュウちゃん
南アルプスー赤石岳・荒川三山の旅(仮)
 9月28日夜〜10月2日まで行ってきました。

サプライズが有り大変充実した、ツアーでした。

詳細は、おいおい。

赤石岳山頂
(富士山が見えます)


荒川東岳(悪沢岳)
2011.10.03 Monday | PAL MOUNT | comments(0) | by リュウちゃん
西穂→奥穂→(大キレット)→槍ヶ岳 難所縦走 (下)
 9月12日(月)

空いていた槍ヶ岳山荘を、日の出前に出発
(山頂に向かっても、山頂で日の出をと登る人のヘッデンが見えます)


記念写真


奥丸山方面に向かいます。
槍平小屋の前を通る道では、好天に歩くのはもったいなくて、2日間のルートを反芻したくて変えました。
結果:正解でした。


笠ヶ岳の山塊に写る陰に注目してください
左から北穂、大キレット、南岳、中岳、大喰岳、そして槍ヶ岳、さらに北鎌、独標のシルエットが綺麗に陰っています。


奥丸山の稜線に入ります


西穂→奥穂が見えます(以下左から)


さらに進むと、しっかり見えてきました。
西穂〜奥穂〜北穂〜大キレット


さらに、
大キレット〜南岳〜中岳

さらに、中岳〜大喰〜槍

アップすると
ジャンダルム、ロバの耳、奥穂





奥丸山ー背景は槍ヶ岳


登山道はこんな感じです。


ここからワサビ平方面に下ります


行けなかった笠ヶ岳が見えます


綺麗な登山道ーただし、降りはじめは、結構な難路です。


随分降りてきました


登山口です
”ほっと”した瞬間です


笠ヶ岳方面


鏡平へのルートと合流


ワサビ平の小屋でのどの渇きを潤し、新穂高で車に乗り込み

平湯の”湯の森”で食事と温泉で、あわただしく帰松。
その日の内に到着しました。

お疲れ様でした。
2011.09.16 Friday | PAL MOUNT | comments(0) | by リュウちゃん
西穂→奥穂→(大キレット)→槍ヶ岳 難所縦走 (中)
9月11日(日) 

結構混んでいて、割増料金を払って1人1布団を確保した穂高山荘。
なかなかいい小屋でした。



涸沢岳


これから行くコース

昨日歩いたコース


この日は、2か所の難ルートになります。
まず、涸沢岳→北穂高岳のルート

それと、”大キレット”

まず北穂まで向かいます。


振り返ります


ここから登りです


更に


もう一つ


良いこらしょ!(後ろは、笠ヶ岳)


後ろは、奥穂

今から向かう、北穂です


槍方面


ライチョウ

北穂高岳山頂
今日も快晴です。


北穂の小屋で休憩後、”大キレット”に向います


なかなか写真を撮れません


有名な、飛騨泣き


コルまで到着。あとは、長谷川ピークのみ
ツアーグループが出発準備中。

下り始めに、長谷川ピークに居ました。


このツアーを長谷川ピークから
(そのせいで長谷川ピークの写真が有りません)


早い昼食後、南岳に向かう


いくつかのハシゴ等をこなし、登りなので何となく、”大キレット”終了


南岳山荘


南岳


この稜線を槍まで向かいます

天気が悪くなりましたが、槍が見えます


大喰岳


槍ヶ岳登頂-展望は悪くガスの中


夕方にはすっかり晴れ上がり、槍も夕日を浴びている


槍をアップすると
たくさん登っています。


南の方には、前穂、北穂が見えて、北穂の小屋も光っています


今日も好天の中、無事終わりました。お疲れ様でした。



2011.09.15 Thursday | PAL MOUNT | comments(0) | by リュウちゃん
<< | 2/11PAGES | >>