HOME
営業案内ショッピングトレッキングキャンプPAL倶楽部スタッフ通信今風独り言犬!集まれリンクメールサイトマップ
ショッピング スタッフ通信 メイルメイト
TREKKING −トレッキング トレッキング山登りコラムスケジュールレポート|山情報|
山情報
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
リンク
最近の山情報
コメント
カテゴリ
ページ内検索
OTHERS
<< 四国の分水嶺踏破 5 その1 | main | 歴史の道 土佐北街道 ”笹ヶ峰2”と三傍示山 >>
四国の分水嶺踏破 5 その2
 二日目です。

今日のコースは
弥山→天狗岳→東稜下降→夏山道→鶴子ノ頭→土小屋→岩黒山と分水嶺をトレースします。
さて、どのようになったでしょう。

快適な寝床から起き上がり、ご来光を。


その先には、


天狗岳


準備運動ー快晴です。
(中央右端ー西冠の向こうに松山市内が見えます)


記念写真


天狗岳に向かいます。
ー下山後の皆様の感想では、この下りが最も緊張したとのこと。


向かいます


登ります


天狗岳での記念写真


アケボノツツジ


東稜への下降点に到着。下る準備をします。


下降中の写真は省略

コルについて、フィーックスロープを張り、中沢の上をトラバースします。


緊張!


トラバース終了点からの南尖峰


ドンドン下ります。


矢筈岩の横の笹道


上から見ると


遠景は


シャクナゲも少々


分岐に到着ーホッとしたところ


少し雲が出てきました


1ベンチのところから鶴子ノ頭へ”藪こぎ”です。
なんだかんだで、稜線に立って記念写真、深い笹です。


三角点で記念写真


三角点


ドンドン夏山道に向かって下ります


土小屋に到着して、食堂で昼食。
でも、直ぐに◎”ールを注文しておいしそうに飲んでる方がほとんど、

もう一山あるのに。
食事もほどほどにして、岩黒山に登ります。

岩黒山での記念写真
結構、人数も減っています。”あれ!Hさんもいますよ”


お疲れ様でした。
今回の踏破中の分水嶺で最も手こずる所でした。石鎚山頂に泊まり、山の神様にお祈りしたのが通じたのか、好天で、全員無事歩けて、非常に感激でした。

また、声がかれるまで、メンバーをひっぱてくれました方々、笹の中を前を歩いて道を作ってくれた方々、今回は、分水嶺踏破チームとしての助け合いで最後まで歩けましたことを、感謝申し上げます。ありがとうございました。

でも、石鎚山のすばらしさを堪能した2日間でした。

このblogをごらんの皆様も、ぜひ山頂の小屋に泊まって見てください。また、新たな石鎚山に出会えることでしょう。

温泉は、古岩屋です。

2012.05.28 Monday | PAL TREK | comments(1) | by リュウちゃん
コメント
分水嶺は、1回だけ参加したことがありましたが、かなりしんどかったのを思い出します。
今回、2日間、ハードな行程だったのですね:
でも1日目の夕焼けと、2日目のご来光の素晴らしいこと!
疲れもふっとぶきれいな空ですね。

最後、1山、思いがけずご一緒させていただいてとても楽しかったです。
石鎚は虫がすごくてゆっくりできなかったのですが、いいおまけがつきました♪

来年もこういうの計画されるなら、ぜひ今後は2日ともご一緒したいな〜。
よろしくお願い致します。
| HINO | 2012/06/07 4:33 PM |
コメントする