HOME
営業案内ショッピングトレッキングキャンプPAL倶楽部スタッフ通信今風独り言犬!集まれリンクメールサイトマップ
ショッピング スタッフ通信 メイルメイト
TREKKING −トレッキング トレッキング山登りコラムスケジュールレポート|山情報|
山情報
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
リンク
最近の山情報
コメント
カテゴリ
ページ内検索
OTHERS
<< 歴史の道 大山古道 | main | 手箱山→筒上山 (周回コース) >>
干支の山”赤兎山” 【改訂】

 今年も残り少なくなってきましたが、登り残しに気づき、干支の山へ登ってきました。

”うさぎ”の名前の付く山は非常に少なくて、今回は福井県の山として有名ですが、実は、石川県との県境にあります。登山口が福井のほうが手軽で、ツアーなどは全て福井側からです。

今回は、石川県から登り、白山の別山へ向かう稜線を縦走し、登山口へ戻る贅沢な周回コースを採りました。

登山口近くに泊まりたかったので、前日早く出発しました。

11月7日(月)
高速道路を小浜方面に抜けて、
三方五湖に寄り道


展望台から


福井では、永平寺で、そばを食べ、参拝。


こんな感じ


紅葉は、まだまだ


写真の撮影は、人物と、天井の絵以外はOKとは。
(心が大きい)


長い階段


入り口で、記念写真


そのあと、見学できるところは全て見学
鐘もしっかりと2回つきました。(ここで、器用さがよくわかりました)


永平寺では、いろいろとハプニングがありました。
まず、布袋さんをさすっていて、邪心な気持ちがあったのか、ひっくりころげた人がいました。(布袋さんの魔力、威力)幸いに大広間には、我々の一部しかいなかったので大恥をかかずに済みました。

さらに、外回りを見学しているときに、2名が「外部の者立ち入り禁止」を覗いていて、中から怒鳴れて、さらに、突然門が開き、箒をもった修行僧が飛び出してきて、追いかけられたと勘違いして、「ごめんなさい!、もうしません、許してください」と謝ったが、さらに10数名の一団となって飛び出してつっかかてきたので、土下座をして謝ろうと手をついたが、修行僧の集団は、何事もないように通りすぎました。落ち葉の掃除のために、全力疾走で移動していたのでした。青ざめ2名以外は大笑い。さて、この二人は誰でしょう。

その後、たくさんのお土産を買って、今夜の宿泊所のある、白峰温泉に向かいました。

シーズン終了(白山登山)のため、開いているところは少なかった。

温泉は、


食事の後は、登山のトイレの話で大いに盛り上がり、ちょっと横道にそれて、”○○のパット”でさらに盛り上がりました.

11月8日(火)

民宿で、早く食事を出していただき、早く出発。
でも、雨がぽつぽつ。”雨女は誰だ”とのぼやきもありました。

一番奥まで車で登り、準備。
準備運動ー雨具着用


越前禅定道

すっかり冬枯れ


ちょっと寄り道をすると
熊の糞ー結構大きい。


この登山道は、地元の方が平成20年に整備
気持ちの良い径


小原峠に到着。
ここへは、福井側からの人がほとんど。
でも、今日は”0”です。有料の小原林道が昨日より閉鎖


標識があります


まだまだ天気は悪いが、よくなる気配。赤兎山まで急な径を登る


青空が出てきて、ナナカマドの実が青空に映える


赤兎山(1628m)山頂に到着。白山が見えてきました。


記念写真ーまっちゃんが居ます。復活です。


ここから、杉峠へ縦走です。9km 3時間


縦走路です。−赤兎避難小屋が小さく見えます

避難小屋まで下ります


はるか先です


赤兎平です


湿原


小屋の前から赤兎山を振り返ります。
丸い丸い、兎の背のような頂上です。


白山方面
気持ちの良い晩秋の風景です。


ガスがとれません。でも、雪が全くありません。


ブナに一杯実がなっています。(実際は、殻です)


谷間はー前方が稜線をたどり杉峠へ行きます。


晩秋のブナ林です。


ブナの大木


もうすぐ杉峠

杉峠
ここから林道まで、一気に下ります。(けっこう厳しい径でした)


厳しいところ。


途中で有名な、五色の木


下るにつれて、紅葉が見事


下山口に到着。


8時間の行程でした。
予報どうり、いい天気でした。
雨女該当者は居ませんでした。−よかった。

下山後、おみゃげをいただいたので、
全員で分けました。



下山の温泉は、勝山の温泉センター”水芭蕉”






2011.11.09 Wednesday | - | comments(0) | by リュウちゃん
コメント
コメントする