HOME
営業案内ショッピングトレッキングキャンプPAL倶楽部スタッフ通信今風独り言犬!集まれリンクメールサイトマップ
ショッピング スタッフ通信 メイルメイト
TREKKING −トレッキング トレッキング山登りコラムスケジュールレポート|山情報|
山情報
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
リンク
最近の山情報
コメント
カテゴリ
ページ内検索
OTHERS
愛媛マラソン
 第49回愛媛マラソンに参加しました。

会場で出会ったメンバー
(全員スキンズのタイツを着用)


招待さた有名な方々


自己申告タイム別に集合して、
そして、スタートラインに向かう


市長のスタートの合図で9時30分スタート

最初に帰ってきたのは、Yさん
素晴らしい走りでした。(一般参加の99位)


続いて、りゅちゃん
(無視されていて行き過ぎて、写真のためにバックを要求される)


Mさん(時々、ドライバーをお願いしている)


Kさん
笑顔です(目標達成)


Aさん
(後ろ姿の写真でご免なさい)


Hさん
(集中しています)


Oさん
万歳!やったよ!完走した!うれしいな!


続く
2011.02.06 Sunday | ひとりごと | comments(6) | by リュウちゃん
愛媛マラソン練習会
愛媛マラソンの練習会をしました。
泣いても笑っても、あと4週間。

前回か5週間の成果を見るために29km走にトライ。

(あえて、初フルマラソンのため29kmで打ち止めとしました。
。械娃m以降の楽しみを味わいショックで”挫折”をして以降の練習に支障をきたしてはいけないと思い、
■械娃m以降の楽しみは、本番で味わっていただくことにして
ーでも、Hさんは、自宅まで走って帰ったのでその”地獄”いや”お楽しみ”を味わったかも)

結論は、女性は強いなあ。
あの練習量でしっかりとこんなに走れる。お見それしました。

4時間台前半のペースで最後まで走り切れました。

なお、全員”スキンズ”を着けていました。


画像は前回のものです。


今回の練習会の目的は、
…控離を本番コースで同じ頃の時刻に走る。
ー長距離に慣れる。コース上の課題


∨榿崛阿離ーボローディングの考え方
参考は、
日清製粉の
 http://www.clubwgh.jp/carboloading.html#whatcl
を使わせて貰いました。
でも、Aさんはしっかりと出来ていました。

5訖紊砲弔い董

ぅ泪薀愁鵑痢屬海韻形り」について

☆☆今日は、お疲れ様でした。☆☆

その他の話題
Sさんが、ジムの30km走に参加されていました。

前回、練習会に参加のYさんが、愛媛マラソンのPR画面に出ているそうです。
ー坊ちゃん団子を食べている様子が出ているそうです。




2011.01.09 Sunday | ひとりごと | comments(4) | by リュウちゃん
愛媛マラソン
 第48回愛媛マラソンが、新たに新コースと制限時間6時間でモデルチェンジされて、で、参加しました。(PAL TREKのスケジュールにも入れていただきました)

PAL TREKに参加されている方も5名ほどエントリーされていましたが、下記の写真の2名の方のみ出発前に写真を撮りました。



雨が降っていて、スタートまでこのようにゴミ袋を着ていました。

参加者3788名

で、結果は。

Yさんは3時間半あまり(練習不足と膝通を克服してすばらしい)
Iさんは4時間20分あまり
リュウちゃん3時間40分あまり(同じように、練習不足と膝通)
マッチャンは結局スタートライン立ちました。結果は、35。2kmでリタイヤ(3時間半)
  ー3週間練習ができず、病院で点滴を打っていたにしては、上出来(本人も満足)

雨の中でたくさんの方の声援でいい記録(順位424)が出せました。特に、帰りの苦しいRUNでは本当に力になりました。どうもありがとうございました。

でも体がまだ痛い、痛い。


2010.01.31 Sunday | ひとりごと | comments(9) | by リュウちゃん
鳳凰三山(その3)
3日目です。

今日は下山日です。下山したくないよ。

日の出前に薬師岳小屋を出発です。
登山口に11時に着きたい為、朝食はお弁当にして、
5時20分出発


日の出前の富士山のをごらんあれ
雲海の上に顔を出している富士、荘厳な気持ちになる。



やはり、富士は日本一の山


そうこするうちにすっかり明けて、白根三山方面です
山並みを眺めながら、食事をすろ。


夜叉神峠に到着


記念写真です



夜叉神峠登山口に到着しました。


予定道り10時45分に下山口に着く、
本日の行動時間は、5時間半。お疲れ様でした。

今回も天気が良くて、楽しいツアーでした。
では、また、来年お会いしましょう。
2009.10.16 Friday | ひとりごと | comments(0) | by リュウちゃん
鳳凰三山(その2)
南御室小屋に泊まり、サー出発準備。
(Yさんの背中が寒そう、その向こうで早くもSさんがザックのウエストベルトを締めている)



富士山もおはよう!




北岳も、




間ノ岳も




農鳥岳も




さらに遠くに、荒川、赤石岳が雪化粧している。




薬師山頂の岩峰




薬師岳小屋(今夜の宿泊小屋)




薬師岳
平らな場所に山頂標識がある。




観音岳での記念写真




鳳凰三山の3つめの地蔵ヶ岳が近づいてきた




八ヶ岳もはっきりみえる。




北岳




地蔵ヶ岳のオベリスクが決まっている




甲斐駒ヶ岳
白く輝く花崗岩で山頂は真っ白。立派だな。



オベリスク
登っている人が見える。



富士山




薬師岳小屋に引き返す、箱庭庭園のようだ









小屋に到着



今日は、一日良い天気で展望も良く、このまま甲斐駒ケ岳まで縦走したい気持ち。富士山も堂々とした姿で歓迎してくれ、気分の良い一日だった。8時間半の行動時間。







2009.10.15 Thursday | ひとりごと | comments(0) | by リュウちゃん
鳳凰三山(その1)
まっちゃんが、ツアーガイドで南アルプスの鳳凰三山へ行ってきました。

芦安温泉で、ジャンボタクシーに乗り換え夜叉神峠登山口から出発。




親切な標識。さすが南アルプス。今日の宿泊地の南御室小屋まで標高差約1000m




夜叉神峠小屋
(なんと恐ろしい名の小屋でしょう)



夜叉神峠の標識(展望無し)


サルオガセ(空気中の養分を吸収して育ちます。)



南アルプスの森



杖立峠(2770M)で一休み



腰を下ろして、腹ごしらえ



ちょっと、紅葉


しらびその森
(その後延々と続くのでした。)



黙々と歩きます



日が射してきて、森も明るくなりました
とても綺麗な森でした。



もうすぐ小屋です



やっと着きました
(北アルプスの小屋とは大違いです。)


今日のお泊まりは、



カラフルな標識です



夜叉神峠登山口からちょうど6時間。お疲れ様でした。

2009.10.14 Wednesday | ひとりごと | comments(0) | by リュウちゃん
槍ヶ岳 東鎌尾根
シルバーウイークは”PAL TREK”はお休みをして、ツアーガイドとして槍ヶ岳に行ってきました。それをレポートします。

中房温泉→合戦尾根→燕山荘(泊)燕岳往復
→ここから表銀座コース→大天井岳→西岳ヒュッテ(泊)
→東鎌尾根→槍ヶ岳(往復)→西鎌尾根→千丈乗越→槍平小屋(泊)
→新穂高温泉

山小屋3泊の昨年の”西鎌尾根”に続いて。

愛媛から5名と香川と徳島合わせて6名の11名と徳島の女性添乗員の方と合わせて13名。

登山口の中房温泉

3急坂の合戦尾根を行きます。

第1ベンチ付近


有名な合戦小屋のスイカ


既に、紅葉が始まっています


200名山の燕岳(白いかこう岩、青い空、緑のハイマツー見事です)


雲海が出て、夕日を見ようとカメラの列(雲海の上に槍ヶ岳)
縦走すると、稜線上の小屋に泊まるとこんな景色が楽しめます。


翌朝は快晴(終日、雲が出なかったー台風14号の影響で弱い冬型)


終日、富士山が見えた(八ヶ岳と南アルプスに挟まれて)


北方の立山、剱、白馬、鹿島槍がほどよく見える


北鎌尾根(前月の2度の北鎌を思い出す)


西岳ヒュッテに到着し、全員がベンチで歓談する。
この様に、終日雲が出なかった。
(同じ時刻に到着した、アミューズのツアーはさらに槍の方に向かっていった、最初の小屋に早くて5時過ぎに到着かーその後最終日に平湯の温泉の湯船でそのガイドにあった)


常念岳の横から朝日が出て、

槍に朝日が当たる。今日も頑張るぞー!


東鎌尾根を行くが崩壊が進む


朝日に映える北鎌尾根


一番長いハシゴ(下りたところでくるっと回るのが恐い)


天上沢を見下ろし登る


ここで、トラブルが発生して、一瞬へりの要請が必要かと頭をよぎる。
何とか、トラブルの発生したお客さんに頑張ってもらって、回復したがパーティーは分かれて、残りのメンバーが槍に登る。

しかし、登りはじめてすぐ停滞(渋滞)


ハシゴ


山頂の混雑(ヘルメットは北鎌からー聞くと全員が、独標の基部にビバーク、2日がかりで登る。すいぶん変わったもので、北鎌は体力勝負のバリエーションルートでは無くなった様だ。お手軽にどんどんザイルも使っている。時代と共にルートの登り方も変わるものだ。)


槍の行列(多分2時を過ぎると、2時間半ぐらいかかるとのこと、自分たちも登り1時間、下り30分。相当に交通整理はさせてもらった)
この後、事故発生。


槍平までは、天気がよいので西鎌尾根を下りる。
(ガスが出てきたが、途中で、ちらっと槍が見えた)


飛騨乗越方面(あと1週間もすると紅葉がきれい)


槍平のキャンプ場
(今回は天気が良かったので、どこのキャンプ場もカラフル)


最終日、槍平での1ショットです。(前日のトラブルのお客さんのザックが昨日から乗っています)


途中から雨がポツポツ降ってきて、雨具、傘が必要になった。

新穂高では、下山者が一杯でバスも増発になっていた。

平湯で、他のルート(マッチャンの槍も含め)バス2台で帰路についたが、高速の大渋滞で、帰宅は午前5時頃。(朝刊がきていた)

2009.09.23 Wednesday | ひとりごと | comments(0) | by リュウちゃん
白馬岳
白馬岳にツアーガイドとして行ってきました。

”PAL TREK”にご参加ただいているかたも多数参加されていましたし、”ショップ パルフィールド”のお客様も多数おられました。

blogへ中継と大きく構えましたが、生憎悪天候で電波の通じるところでは作業が出来ませんでした。

今朝(7月21日)の午前3時頃帰宅しました。まだ、頭がぼーっとしています。

今回は、悪天候で、目的の行程は消化できずに残念でした。

強行すれば、北海道の大惨事も、自分たちに降りかかる恐れがありました。

今回は、北海道の件に自分たちを照らし合わせて、色々と考えさせられることがありました。

この教訓を、”PAL TREK”に反映させて、安全登山に勤めたいと思います。
2009.07.21 Tuesday | ひとりごと | comments(0) | by リュウちゃん
東赤石山 花の百名山 part2 (7月9日)
7月5日のPAL MOUNTに引き続き、マッチャンが東赤石山に行ってきました。

ルートは、瀬場谷登山口→赤石山荘→前赤石山→八巻山→東赤石山→巻き道で権現越→床鍋登山口

4日ほどですっかり花が変わりつつあります。
この時期毎週登る方がいるのも納得。

そのお花を紹介します。
やまあじさい


ぎんりょうそうの結実まるで目玉もようです。


しょうきらん


おとめしゃじん


あかしょうま


しこくぎぼうし


しこくままこな


いわきんばい


こからまつ





細場のしゅろそう
 

たかねばら


ほつつじの顎


四点セット


しこくぎぼうし


こからまつ


こうすゆきそう


たかねまつむしそう


たかねまつむしそう


いぼたのき


やまあじさい


こからまつ


白骨林


いよのみつばいえあがさの花跡


たかねおとぎりそう


くろづる


かのこそう


こごめうつぎ


ががいも


 
2009.07.10 Friday | ひとりごと | comments(0) | by リュウちゃん
初心者の沢中止→鷲ガ頭山
PAL SP の”初心の沢”番匠谷中止となりましたが、
四国百名山の鷲ガ頭山へ行ってきました。

鷲ヶ頭山は大三島にあります。

季節的には、早かった。
(やはり、冬が良い→登山道=遊歩道が茂り、また”毒蛇”もいました)

でも、栗はどっさり拾い、アケビもどっさりでした。

雨が終日降り続けて、すばらしい展望もほとんどだめでした。

安神山(あんじんさん)



大山スミ神社の境内でお参りして、




安神山山頂


途中の大岩に登る


途中の草花




縦走路の風景


途中の草花





アケビの実がたくさんあり食べ頃


下山後、塩の湯
マーレグラッシア大三島でゆっくり。

となりの”伯方の塩”の工場見学をして帰松。

参加の皆さんは日常仕事をお持ちなので、結構リラックスできたと喜んでいただけました。
2008.10.06 Monday | ひとりごと | comments(2) | by リュウちゃん
| 1/4PAGES | >>